CfIC
 
 

Center for International Careersについて

ボーダレスな世界への扉

私たちのミッションは、あなたのアイディアを世界にインパクトを与えるものになるように、サポートすることです。 なぜなら、質の高いコミュニケーションは世界をより平和にすると信じているからです。

ビジネス英語クラスや、個別コーチング、異文化間コミュニケーションセミナー、キャリア開発ワークショップなど、全てのクラスはディスカッション中心。最新のトピックについて英語で議論し、考え方を広げて行きましょう!

私たちCfICは、受講者が英語で業務を行う経験を積み自信をつけられるよう、アクティブトレーニングを通してお手伝いいたします。

お客様のキャリアアップをかなえ、貢献できることに意気込んでいます。

今後もサービスの向上と拡大のため、絶えず尽力してまいります。

Center for International Careersは、イソマワベンチャーズ合同会社が運営する事業であり、2018年2月にサービスを開始いたしました。

私達のパートナーであるBusiness Development Center様、June Advisors Group様のお力添えがあってこそ、設立までに至ることができましたことに、心から感謝申し上げます。

ビジネス英語.JPG
グローバル化したキャリア.jpg
アクティブトレーニング.JPG
Origami circle V2.jpg
教科書なし.JPG
ボーダレスな世界.jpg
 

 

私たちのミッション

 

 
 
shaking-hands-2974789_1920.jpg

昨今、より多くの日本企業が、英語でコミュニケーションがとれ、英語でビジネスができる人材を求めています。

ところがこのスキル、本や参考書からは得られるものではありません!

私達とCfICで、ビジネス英語実体験を積んでみませんか?

earth-2254769_1920.jpg

自分の会社を立ち上げたい。そのために資金集めが必要。

起業家コミュニティはグローバル化し、さまざまな議論が英語で交わされています。

私達とCfICで、グローバルな起業家コミュニティに仲間入りしませんか?

 
 
hands-1939895_1920.png

今日の世界経済における多くの問題は、異文化間のミスコミュニケーションから生じています。

どんなに素晴らしいアイデアも、表現がまずいと十分に伝わりません!

私達とCfICで、異文化の中でも舵を取れる、必須アイテムを手に入れませんか?

chicks-2965846_1920.jpg

企業の採用担当は、求職者に英語での職務経験を示してほしい。でも第一に、こんな経験どこでどうやって得られるのでしょう?

この「鶏が先か、卵が先か」問題が、キャリアの見通しを損なわせています。

私達とCfICで、採用担当に印象付けてチャンスをつかみませんか?

bc80812f137c9c76b0a0c6186d9bb218_l.jpg

皆が皆、英語を学べと言うけれど、日々の時間は限られています。

だからこそ、非効率で受け身の学習に、無駄な時間を費やすのはやめましょう!

私達とCfICで、ビジネスに必要なスキル演習をしませんか?

 

 

私たちのストーリー

創業者からの言葉

 
 
 
Singapore, June 2012

Singapore, June 2012

 「私はチリとフランスのハーフに生まれ、英語のネイティブではありません。事実、20代後半に入ってから、やっと流暢に英語が話せるようになったぐらいです。英語の学習を続けた結果、2017年に短編小説「Obroni’s Heart」がアメリカのTom Howard/John H. Reidフィクション& エッセイコンテストでファイナリスト、審査員特別賞に選ばれました。

純粋に英語が好きだった私は、過去20年間に渡って、効率的な英語の学習方法を追求してきました。だからこそ、私たちCfICにしかないクオリティがあります。来日する前、私は中東とアフリカに支社を置いている国際貿易会社のCEOアシスタントとして働いていました。CfICにも似たような要素があります。CfICの顧客がCEOであり、私たち講師が一番のビジネスアシスタントであるということです。

 私たちは、「アクティブトレーニング」という方法を用いて学習を進めます。教科書通りの英語学習ではなく、実際に英会話を利用するシーンを積極的に作ります。マニュアル通りの学習ではなく、実際に話題になっている世界情勢の記事や動画を利用します。また、英語を使いながらシナリオに沿った会話、また、様々なシーンに対応したロールプレイも実施します。一番大切にしていることは、生徒であるみなさんが自発的に参加できる体制を構築し、そして、間違えることを恐れない環境作りです。

 
 
 

 最終的には、英会話能力を身につけること自体には大きな価値はないと思います。優れたコミュニケーターや世界で活躍するビジネスパーソンになるためには、正確な文法を覚える必要はないのです。実際に、ネイティブの人でも間違えることはよくあります。同時に、ネイティブの多くがコミュニケーション力に長けているわけでもありません。最終的な目標は、英語の文法をマスターすることではなく、英語でコミュニケーションを図ることに自信をつけることです。

 よって、CfICはただの語学学校ではありません。私たちは、みなさんのキャリア開発のお手伝いをさせて頂いているのです。ビジネス英語のクラスだけではなく、個別コーチングも行っています。

今後、キャリア開発のセミナーや国際コミュニケーションのワークショップを実施する予定です。受講者の方には、英字新聞の無料購読と英語を話すネットワーキングイベントの参加割引をご提供しています。英語を通して、みなさんの夢に一歩近づいてもらいたいと思います。」

Ghana, November 2012

Ghana, November 2012

 

創業者の略歴

リナ(ロールエレヌ・ブディエ)。フランス人とチリ人のハーフ。物心ついてから以降、英語という言語を愛してやまない。
2012年、英国ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス公共政策大学院を成績上位で卒業。公共政策修士号取得。その後、ガーナの米国国際開発庁、およびドバイの農産物貿易企業ルイ・ドレフュス・コモディティーズ社勤務。
ドバイの勤務先では、ルイ・ドレフュス中東・アフリカ支部CEOのビジネスアシスタントとして従事。様々な任務に就き、中でも2年半にわたって社内セミナーや経営会議の企画、執行を任される。
趣味は英文小説を書くこと。短編小説「Obroni’s Heart」は、2017年のTom Howard/John H. Reidフィクション & エッセイコンテストでファイナリスト、審査員特別賞に選ばれた。

 

Access our founder's

LinkedIn  Page

 

View our founder's

curriculum vitae