英語学習で過小評価されている読み書きとグループレッスンの効果 (Part 1)

この記事は日本語と英語で読めるものです。最初は英語で、その下が日本語翻訳。

英語能力に応じて、読む順番をご自由にお決めください。


The overlooked benefits of writing, reading and group classes for studying English (Part 1)

 

In this post, I would like to share some remarks on two things that I’ve heard a lot in my one year and a half of teaching English in Japan. Namely, the following two statements:

“I want to take one-on-one sessions, because it's the best way to make progress.”

“I’ve done plenty of reading and writing in school already, so I don’t need any more of that.”

 

It’s not that those two comments don’t make sense. They do, but in my opinion, not in all contexts—because each English learner is different and faces different challenges.

 

Learning English is not a one-directional process

When we are asked about our proficiency in any language, answer choices go along the lines of “beginner,” “intermediate” or “advanced.” But this hides a more complex reality.

 

You can be able to read in English easily, even on complicated topics, but not be able to handle daily conversation. Instead of seeing learning English as a straight line that goes from complete beginner to fluent, it seems to me much more accurate to see it as a group of skills that reinforce each other. For instance, if you work on your listening comprehension, of course, you are primarily improving that skill (recognizing sounds), but at the same time, you are improving your vocabulary and grammar, hence also your writing and speaking.

 

Writing and reading practice is key to achieving fluency

This is why I tend to cringe when I hear things like “I don’t need to work on reading and writing.” In my view, it really depends.

For instance, one of my students used to be in a relationship with a native speaker and as a result, has very good listening comprehension skills and vocabulary. Despite this rich lexicon, my student’s ability to express herself has remained weak because of problems with sentence structure, and in particular, word order. So I advised my student to focus on reading and then writing. Not because she had a need to improve both skills in the short term. But because reading is the fastest way to understand grammar, to get a feel for it.

 

When you read, your brain accumulates examples of properly structured sentences, and so forcing yourself to read, even though it is a bit difficult in the beginning, has incredible benefits. Then, when you write, you force your brain to remember these examples of proper sentences. You write down your thoughts, and you take a bit of time to analyze what you wrote and try to correct it. Because it improves your overall grasp of English grammar, this exercise will make it that much easier for you to express yourself orally too.

 

In sum, if you have been mainly practicing English conversation and are frustrated because you have reached a plateau in proficiency, the solution for you might be to start working on different but related skills (typically, reading and writing) that will strengthen the level you’ve already achieved through English conversation.

 

Do you agree with these unsung benefits of writing and reading? Leave a comment below to let us know!

We'll continue our reflection on one-on-one classes in the second part of this article. Have a great week!


writing and reading in English.jpg

英語学習で過小評価されている読み書きとグループレッスンの効果 (Part 1)

 

この記事では、私が日本で英語を教えてきたこの1年半のあいだに頻繁に耳にしてきた2つの事柄について、いくつか思うことを書いてみたいと思います。具体的には次の2つの主張です。

「私は個人レッスンを望みます。進歩するにはそれが一番の方法だからです。」

「読み書きについては、学校でさんざん勉強してきたのでもう必要ありません。」

 

これら2つのコメントがおかしいというわけではありません。確かにその通りなのですが、でも私の考えとしては、どんな状況においてもそうとは限りません。なぜなら、英語学習者は各自さまざまで、向き合う問題もさまざまだからです。

 

英語学習はひとつの方向へ向かうプロセスではない

私たちが言語の習熟度を聞かれて答えるとき、その選択肢は「初心者」「中級者」「上級者」という線に沿ったものになります。でもこれは、もっと複雑な実態を覆い隠しています。

 

あなたは英語を簡単に読むことができ、複雑な話題についても読めるのに、日常会話はこなせなかったりします。英語学習を、まったくの初心者から流暢に話せるまでの一直線で捉えるのではなく、互いに強化し合うひとまとまりのスキルであると捉える方がより的確だと私は思います。たとえばリスニングを訓練しているとき、もちろんまずはリスニング力を伸ばしているのですが(音を識別する力)、同時に、語彙力や文法力も伸びており、それによりライティングやスピーキングの能力も上がっているのです。

 

読み書きの練習は流暢な英語へのカギ

だから私は、「私は読み書きの勉強をする必要はありません」というようなことを耳にすると、少々引っかかるのです。私の見たところ、それは本当に場合によるからです。

たとえば私の生徒に、かつてネイティブの人と付き合ったことがあり、その結果としてリスニング能力と語彙力の優れている人がいます。その豊かな語彙力にもかかわらずその生徒は、自分を表現する能力は弱いままです。文の構造や、特に語順に問題を抱えているからです。そこで私は彼女に、まずはリーディングに、そして次にライティングに的を絞るように助言しました。彼女にそれらのスキルを短期間で伸ばす必要があったからではありません。リーディングは、文法を理解して感覚的につかむのに一番の近道だからです。

 

読むときに脳は、正しい構造の文の例を蓄えます。最初は少し難しくても、読むことを自分に強いるのは素晴らしい効果があります。次に、書くときに、あなたはこれら正しい文例を思い起こすことを脳に強制します。あなたは自分の考えを文にします。そして少し時間をとって自分の書いたものを分析し、修正します。これがあなたの英文法の全般的な理解を伸ばすため、この訓練をすれば、口頭で自分を表現することもはるかに楽になります。

 

要するに、もし英会話の練習をメインにしてきた人がある時点で伸び悩んでいるとしたら、その解決法は、英会話ですでに到達したレベルを強化するような、別の関連スキルへの取り組みを始めることであったりするのです(リーディングとライティング)。

このルーディんぐとライティングのメリットはどう思いますか?以下にご自由にコメントをポストしてください。

パート2でさらなるポイントを読み進めましょう!

Team CfICComment