頭を悩ます英文法?それでも挑み続けるべき理由! (Part 2)

この記事は日本語と英語で読めるものです。最初は英語で、その下が日本語翻訳。

英語力に応じて、読む順番をご自由にお決めください。


balance-110850_1280.jpg

Ever felt befuddled by English grammar? Here’s a good reason to keep on trying!

(Part 2)

 

In the first part of this post, we postulated that learning grammar is equivalent to learning culture, in that grammar was born from a social need for communication (i.e. culture) and also perpetuates this culture by structuring our thoughts.

In this second part, let’s reflect more deeply on the implications of grammar on how we think!

 

What it means not to have keigo: relationships are not pre-determined

In the first part of this blog post, we saw that English does not have the concept of keigo. Of course, there are ways to express politeness, but rather, there is no concept of “me-ue” vs “me-shita” or “inside” vs “outside.”

What it means in practice is that the relationship between people is not determined in advance. In Japanese, in a given situation, how do you know if the person you’re talking to is above or below you? You need to look at a number of hints about them: their age, their social status, their job, their hierarchical position, or, for elder generations, their gender. Suddenly, these pieces of information become crucial in determining how you must behave toward the other party.

 

In a world without keigo, though, how do you define how to behave toward the other person? Well, it depends on culture of course, but if you look at the United States, you are basically free to determine your own rules of behavior—albeit most people do it subconsciously. The fact is there’s no common and implicit understanding between people of how they should behave toward one another.

 

Keigo brings social peace but also rigidity; its absence brings spontaneity but also chaos

So in a social system with no explicit rules on how people should behave toward each other, individuals have to constantly negotiate between them on the particulars of their relationship. You are never assured to be treated in a certain way, and it is your personal responsibility to establish clear limits to protect yourself. Hence it creates a society where communication should be direct, needs and limits should be expressed clearly, and the likeliness of confrontation is higher.

And that’s the greatest benefit of a system where behaviors are pre-determined: it brings social peace (well, at least on the outside). Everyone knows their place and behaves accordingly, and you don’t have to invest as much time and energy in negotiating for your personal position. You can focus on other things.

 

In sum, as is always the case, it is not that one system is better than the other: rather, it’ll depend on your personal preferences. I have in fact noticed that English is particularly attractive to Japanese who carry within themselves a strong preference for less rigidity and more individual freedom. But nothing is totally free: what you gain in spontaneity, you might also lose in serenity!

 

In the third part of this post, we’ll explore two concrete examples in which attitudes differ depending on the existence or absence of a keigo-like system: customer service, and receiving orders from your boss!

 

Are you fascinated by this type of topic? The CfIC organizes corporate seminars on intercultural communication; contact us now, and give your employees the tools to analyze business communications in a global context and make the most of every situation!


balance-110850_1280.jpg

頭を悩ます英文法?それでも挑み続けるべき理由!

(Part 2)

 

Part1では、文法は社会のコミュニケーションに対するニーズ(すなわち文化)から生まれ、また文法が私達の考えを組み立てることで文化を存続させているという点で、文法を学ぶことはつまり文化を学ぶことに等しい、と仮定してきました。

今回Part2では、文法が私達の考え方に及ぼす影響を、より掘り下げて考えていきましょう。

 

敬語がないとはどういうことか 相手との関係性は未確定

Part1の中で、英語には敬語の概念がないことをお話ししました。もちろん、より丁寧な表現の仕方はありますが、それでもやはり、「目上/目下」「内輪/外部の人」という概念はないのです。

 

これは実際のところ、各人との関係性があらかじめ決まっているわけではないことを意味しています。日本語でのある状況下において、あなたが話している相手が上の立場なのか下なのか、どうやって判断しますか?年齢、社会的地位、職業、階級、あるいはより年配の世代であれば性別も、といったいくつかのヒントを手掛かりにすると思います。すると突如、こうした情報が、相手方に対してどう振る舞うべきかを決める上で非常に重要になってくるのです。

ところが、敬語のない世界では、どうやって相手に対する振る舞い方を決めるのでしょうか?まぁ、もちろん文化によるところはありますが、米国をみてみると、ほとんどの人が無意識にではあれ、基本自由に各自ルールを決めています。お互いどう振る舞う「べき」といった共通理解、暗黙の了解なんてものは存在しないのが事実です。

 

敬語が社会秩序とともに堅苦しさをもたらす/「敬語なし」 が自然さとともに無秩序をもたらす

人が互いにどう振る舞うべきか明確なルールのない社会体制において、人との関係性は常に個人間で折り合いをつける必要があります。一定の待遇を受ける保証はまずなく、自分を守るため限度をはっきりさせるのはあなた個人の責任です。これ故に、コミュニケーションは直接的、要求や限度ははっきり明示、対立する可能性は高め、というような社会が出来上がるのです。

そして、振る舞い方があらかじめ定まっている体制の最大のメリットはまさに、社会秩序をもたらすという点です(少なくとも外向けには)。誰もが自分の身の程を知っており、それに応じて行動し、自身の立場についての交渉にそんな多くの時間やエネルギーを費やす必要もありません。その分、他のことに集中できます。

 

要するに、いつものことながら、ある体制が他方より優れているというわけではなく、むしろ個人の好みによりけりです。実は私が気付いたことですが、英語は日本人の中でも特に、堅苦しさがあまりなく個々の自由度が高い環境を強く好むような人にとって魅力的な言語のようです。しかしながら、まったく代償なしに得られるものなどなく、自然さを得ると同時に、穏やかさを失うことになるかもしれません。

 

次回Part3では、敬語のようなシステムの有無により人々の態度が異なるケースとして、顧客対応、上司から指示を受ける時、という2つの具体例を詳しくみていきます。

 

こういったトピックに関心がありますか?CfICでは、従業員がグローバルな環境におけるビジネスコミュニケーションを分析し、あらゆる状況を最大限に生かす術を身につけられるよう、異文化間コミュニケーションに関する法人向けセミナーを企画しております。どうぞお問い合わせください!