頭を悩ます英文法?それでも挑み続けるべき理由! (Part 1)

この記事は日本語と英語で読めるものです。最初は英語で、その下が日本語翻訳。

英語力に応じて、読む順番をご自由にお決めください。


english-vs-japanese-grammar.jpg

Ever felt befuddled by English grammar? Here’s a good reason to keep on trying!

(Part 1)

 

When we think of our days of schooling, we don’t usually remember English grammar classes as much fun… And yet, the topic of grammar is actually fascinating! Here to try and rectify this failing of the educational system, our post on what grammar is and why it's so important.

 

Grammar is simply the rules of communication

According to scientists, Homo Sapiens evolved some 200,000 years ago. Language, on the other hand, developed around 100,000 years ago. So, give or take, there were about 100,000 years during which humans communicated without language.

But then we started attaching meaning to certain sounds. Maybe “Gggg” meant “hungry.” And very soon, we wanted to make the difference between “I’m hungry,” “I was hungry,” “You are hungry,” and “Are you hungry?” At this point, things were getting a bit complicated so the community gathered together and decided on common norms so that everyone could communicate clearly. This is how we invented grammar.

 

Grammar comes from culture

At first there was a community of humans living together, and the community faced a need for communication. They invented rules adapted to their particular need of the moment: so we can say that grammar comes from culture.

 

Culture => Grammar

 

And culture comes from grammar

Nowadays, we spend a few years learning the grammar of our native language in school as children. Let’s take an example from Japanese.

First a question for Japanese speakers: how do you translate each of the following?

  1. あげる
  2. くれる
  3. 差し上げる
  4. 下さる

 

The answer is: (1) give, (2) give, (3) give and (4) give! In English, there’s no distinction between these four terms.

Our second question is: how do you make the difference between the four verbs? Think about it for a minute.

 

Here is how—you need to think about the relationship between you and the other person, namely: Are they inside or outside? (1. vs 2.) Are they above or below? (3. vs 4.)

If we attempt to graph this, we get something like that:

 
JapaneseKeigo.png
 

So, in order to know which verb to use in Japanese, you first need to understand the relative position of your listener to you. Yet, English has only one verb: in fact, English doesn’t have keigo or the concept of “Me-ue” vs “Me-shita.”

 

So when we learn grammar, we also learn a way to see the world, i.e. in order to follow the rules of grammar, we need to put our focus on certain elements of the situation. Grammar structures our thoughts.

Grammar => Culture

 

In sum,

Grammar <=> Culture

 

Learning grammar is equivalent to learning culture! That is why it is such a hard but fascinating endeavor.

 

In the next post, we’ll review a few differences between English and Japanese grammar, and reflect on the implications these differences have for how we interact with the world.

The best way to get a feel for English grammar remains reading! Why not try our Book Club or World News sessions? And we offer free trials for first time comers!


英文法対日文法.jpg

頭を悩ます英文法?それでも挑み続けるべき理由!

(Part 1)

 

学生時代を思い起こすと、英文法の授業というのはそれほど楽しいものでもなかったかもしれません。でも実は、英文法はもっと魅力あるトピックなのです!今回は、そんな英文法をつまらなくさせた教育体系の失敗を改めるべく、本当の英文法とはいったい何なのか、なぜ重要なのかをお届けします。

 

文法とはつまり、コミュニケーションにおける規則である

科学者によると、ホモサピエンスはおよそ20万年も前に進化したといいます。一方、言語は、約10万年前に発達してきました。つまり多少の誤差はあれ、10万年ほどの間、ヒトは言語を持たずにコミュニケーションをしていたのです。

それから、我々は特定の音声に意味を持たせ始めました。その頃は“Gggg”が“hungry”(空腹)を意味していたかもしれません。やがて、“I’m hungry” “I was hungry” “You are hungry” “Are you hungry?”の違いを出したくなります。この段階になるとだんだん複雑化してきたため、誰もがはっきりと話が通じ合えるよう、集団で共通の規範を定めました。こうして、文法は創り出されたのです。

 

文法は人々の文化からもたらされたもの

まず、人々が共に生活するコミュニティがあり、この集団はコミュニケーションの必要に迫られ、その時期特有のニーズに合った規則を考案してきました。よって、文法は文化から生まれたといえるでしょう。

 

文化 => 文法

 

そして、文化は文法からもたらされたもの

昨今、私達は子どもの頃に学校で多少の年月をかけて母国語の文法を学びます。日本語を例に挙げてみましょう。

では初めに、日本語スピーカーの皆さんに質問です。以下の日本語を、それぞれ英語でどう訳しますか?

  1. あげる
  2. くれる
  3. 差し上げる
  4. 下さる

 

正解は、1. give、2. give、3. give、4. giveです!この4つの言葉、英語では区別がありません。

次の質問。ではどうすれば、この4つの動詞の違いを出せるでしょう?1分間考えてみてください。

 

ここで考えるべきなのが、あなた自身と相手との関係性、すなわち、動作主はこちらか向こうか(1. vs 2.)、目上か目下か(3. vs 4.)といった点です。

図で表すとすると、このような感じになるでしょうか。

 
日本語の敬語.png
 

そのため、日本語でどの動詞を使うべきか知るには、まず話し手であるあなたと聞き手との立場を理解する必要があります。しかし、英語ではたった一つの動詞しかありません。事実、英語には敬語や「目上」「目下」の概念がないのです。

 

文法を学ぶと、世界の見方を学ぶことにもなります。言い換えれば、文法の規則に従うためには、置かれた状況の中でも特定の要素に注目する必要があるのです。文法が私達の考えを組織立てているといえます。

文法 => 文化

要するに、

文法 <=> 文化

文法を学ぶことは、文化を学ぶこととイコールなのです!だからこそ、文法は難しいけれど、同時に非常に面白いのです。

 

次回のブログでは、英語と日本語の文法の違いをいくつか検討し、私達が世界と接するにあたってこの違いが及ぼす影響を考えていきます。

英文法の感覚をつかむ最善の方法は、やはり読書!当校のBook ClubあるいはWorld Newsのセッションに参加してみませんか?初回無料体験から始めませんか?