頭を悩ます英文法?それでも挑み続けるべき理由! (Part 4)

この記事は英語と日本語で読めるものです。最初は英語で、その下が日本語翻訳。

英語力に応じて、読む順番をご自由にお決めください。


minions-363019_1280.jpg

Ever felt befuddled by English grammar? Here’s a good reason to keep on trying!

(Part 4)

 

In this final part of our series on grammar and its many implications on the way we think, let’s talk a bit about word order in English! Why is it so important? What does it mean for communication between native speakers?

 

Example 3: What happens in the brain of a native speaker when you mess up word order in an English sentence—& the responsibility of the speaker in English

I remember going to school as a kid in France, and the teacher saying, “So, this is the grammar rule, but we have some exceptions: this, this, this, [15 instances of exceptions] and this. And the explanation for these exceptions is that it’s so much prettier to say it this way!”

Now, I’ve been reading English grammar blogs for five years and never, and I mean not once, have I read an English grammarian justify a grammar rule because of aesthetics. Rather, the argument is always the same: clarity. “We do it this way because meaning is clearer.” To me, English, and in particular American English is the language of clarity, and it is probably not a coincidence that it has become the international language!

 

One way to ensure clarity is word order. In an English sentence, you will always need a subject, followed by a verb, followed by a direct object. Word order is decided. Hence, for each new stage in your sentence, your listener forms expectations.

For example, you start by saying: “Lady Gaga’s concert…”

At this point, a native listener has identified “Lady Gaga’s concert” as the probable subject of your sentence and is expecting a verb to follow (or an adverb). Her brain is already finding potential verbs “… was great,” “…was a waste of time.,” etc.

If you betray these expectations, your listener will be quite confused. This happens all the time in my classes. My student says a sentence that doesn’t make sense to me, so I take note of it. Then I write it down on the whiteboard, and we try to fix it together. More often than not, it is just a matter of moving around two parts of the sentence or finding a better-suited word.

 

So in a way, we can say that English listeners are lazy! They expect you to state all the information, in the right order. If you don’t, then they might not necessarily put in the effort to think about your sentence more deeply to try and understand what you meant. In English, the responsibility of good communication falls on the speaker.

I would argue that it is the opposite in Japanese. Subjects are not necessary. Word order is flexible. So the listener must be more active, trying to fit all the pieces together. I would hence argue that in Japanese, responsibility for good communication falls on the listener.

 

What’s your opinion on these observations? Do you find them useful? Share your comments below!


minions-363019_1280.jpg

頭を悩ます英文法?それでも挑み続けるべき理由!

(Part 4)

 

文法について、また文法が私達の考え方に与える影響についてお届けしてきたこのシリーズ、今回最終回では、英語の語順についても少しお話ししましょう!英語では語順がなぜそんなに重要なのでしょう?英語ネイティブスピーカー同士のコミュニケーションにおいてはどんな意味をもつのでしょうか?

 

3:あなたの発した英文の語順がバラバラの時にネイティブスピーカーの頭の中で起こること/英語における話し手の責任

フランスで私が子どもの頃、学校で先生がこう言っていたのを覚えています。「これが仏文法のルールですが、いくつか例外もあります。これと、これと、これと、(例外15個)そして、これです。こうした例外があるのは、このほうがより美しく聞こえるからです!」

さて、私は英文法のブログを5年間読み続けていますが、これまでに一度として、英語の文法学者が「美しいから」なんて理由で文法ルールを説明しているのなんてお目にかかったことがありません。むしろ、論拠はいつも変わらず、「明確さ」これに尽きます。「我々はこれをこのように言います。なぜなら、より意味が明らかになるからです。」こんな具合に。私にとって、英語、特にアメリカ英語というのは明瞭な言語であり、英語が国際語になったのもおそらくただの偶然ではないと思います!

 

明確さを請け合う点の一つが、語順です。英語では、一文の中に常に主語が必要で、次に動詞がきて、直接目的語が続く、というように、語順は決まっています。そのため、あなたが伝えようとしている文章のうち、新しい要素を発するたびに、聞き手は続きを期待し、先読みするのです。

たとえば、あなたがこう言いかけたとします。「レディー・ガガのコンサートは…」

この時点で、英語ネイティブの聞き手は、「レディー・ガガのコンサート」がおそらくあなたの言おうとしている文章の主語だと見なし、それに続く動詞(あるいは副詞)を予測し始めます。聞き手の頭の中ではもう既に、次にきそうな動詞を探しています。「…すごくよかった」「…時間の無駄だった」等々。

 

こうした期待を裏切ると、聞き手はかなり混乱することになるでしょう。私のクラスでは、こんなことがしょっちゅう起こります。生徒さんの発言が私にとってつじつまが合っていないと、まず私はメモをとります。そしてホワイトボードに書き出して、一緒にその英文を見直してみます。大抵は、文中の2つのパートを移動させるか、より適した単語を見つけるだけで解決するものです。

つまり、ある意味では、英語の聞き手は怠け者だと言えます!彼らはあなたが、すべての情報を正しい順序で話すことを期待しており、その期待に沿っていなければ、あなたの発言の意図を理解しようと深く考えるような努力をしてくれるとは限りません。英語においては、コミュニケーションの質を上げる責任は話し手にかかっているのです。

その点、日本語は逆だというのが私の主張です。主語は必ずしも必要ではありませんし、語順には柔軟性があります。そのため、聞き手はより能動的であることが求められ、発せられた情報のかけらをすべてつなぎ合わせて理解するよう努めなければなりません。よって、日本語においては、優れたコミュニケーションにする責任は聞き手にかかっていると考えます。

 

あなたはどう思いますか?この見解が何かお役に立てたら幸いです。ぜひ以下にコメントをお寄せください!