「一生懸命」働くことと「賢く」働くことは同じ?目標に向かって前進するための大切なヒント

この記事は日本語と英語で読めるものです。最初は英語で、その下が日本語翻訳。

英語能力に応じて、読む順番をご自由にお決め下さい。


WorkingHard_WorkingSmart.jpg

Is working “hard” the same as working “smart”? One essential tip to making progress toward your goals

 

The New York Times dedicated their Smarter Living newsletter of February 12th, 2018 to the topic of “working hard vs. working smart,” which gives us a great opportunity to explore the topic here!

 

Working hard is about how many hours you put in; Working smart is looking at how you spend these hours

The premise of “working hard” is that output is proportional to input. Hence the more you work, the more you produce, and the better off the company or the economy will be.

But nowadays, in our post-industrial societies, most of us hold white-collar jobs: productivity is about brainpower, and where the brain is concerned, more hours does not always lead to more results. For instance, with a rested mind, you can achieve in one hour what might take you four when you feel exhausted.

Hence the following distinction. “Working hard” is about how much time you spend working. “Working smart” is about optimizing how you spend these hours.

 

No matter what you wish to achieve, you’ll need to work both hard and smart!

The New York Times newsletter cited above quoted a study published in 2005 in the Applied Cognitive Psychology journal in which scholars tried to predict chess players’ performance by looking at several factors. They found that the explanation for high performance lies in the amount of time players spent on “serious study alone,” that is, on reflecting on their own performance and learning by themselves.

But of course, chess players were working hard too. They spent a large number of hours practicing and learning. “Working smart” is no substitute for “working hard”; rather, it is about improving efficiency and making all the more progress toward your goals.

 

The no.1 tip for working smart that 99% of people don’t do

Working smart is about spending your time on things that matter, that make a difference. If your goal is to acquire a particular skill, according to the chess player study above, “serious study alone” is what will make the most difference.

But in order to even apply this recommendation, we first need to do something the vast majority of people don’t do: monitor how we spend our time. We need to look, numbers in hand, at how we spend our time and how we can optimize it.

And it doesn’t need to be a minute per minute account of how you spend your days! But knowing how you spend your time is the first step in mastering your time.

 

Does it seem too drastic? Think of it this way: time is our most valuable possession. Apart from the loss of a loved one, time is the only thing in life that is absolutely irreversible. In a way, the quality of our lives mirrors what we choose to do with our time.

 

Do you agree with these definitions of “working hard” and “working smart”? Do you also believe in the benefits of “working smart”? Share your thoughts in the comment section below!

Learn about what’s trending in the world’s English business news with our “Business News” classes, and discuss these topics in an open-minded atmosphere!


一生懸命働くことと賢く働くこと.jpg

「一生懸命」働くことと「賢く」働くことは同じ?目標に向かって前進するための大切なヒント

 

ニューヨークタイムズは、2018年2月12日のスマートリビングニュースレターで、「一生懸命働くVS賢く働く」の話題を取り上げました。今回はこれについて掘り下げたいと思います。

 

一生懸命働くことは費やした時間。賢く働くことは時間の使い方

「ハードワーク」の前提は、アウトプットはインプットに比例するということです。したがって、働くほど生産量は増え、会社や経済は向上します。

しかし今日、私たちの脱工業化社会では、ほとんどの人がホワイトカラーの仕事をしています。生産性とは頭脳労働であり、脳が関係していると、時間をかけることが必ずしも結果につながるわけではありません。たとえば、心が安らいでいると、疲れている時には4時間かかることを1時間でこなすことができます。

したがって、次の区別が必要です。「一生懸命働くこと」とは仕事に費やす時間です。「賢く働くこと」は、費やす時間を最適化することです。

 

どのような目標であっても、懸命にそして賢く働くことが必要です!

上記のニューヨークタイムズのニュースレターは、2005年にApplied Cognitive Psychologyジャーナルに発表された研究を引用しています。その中で研究者らは、いくつかの要素を観察しチェス選手のパフォーマンスを予測しようとしました。研究者らは、高いパフォーマンスの説明として、「真剣に研究すること」にプレイヤーが費やした時間、すなわちプレイヤーのパフォーマンスと行った学習を反映していることを明らかにしました。

もちろん、チェスプレイヤーたちも一生懸命働いていました。練習や研究に多くの時間を費やしていました。「賢く働くこと」は「一生懸命働くこと」の代わりではありません。むしろ、それは効率を改善し、目標に向かってより早く進むことです。

 

大勢の人々が行っていない賢く働くための第1のヒント

賢く働くことは、一番重要なことに時間を費やしてメリハリをつけることです。上記のチェスプレイヤーの研究によると、あなたの目標が特定のスキルを習得することであれば、「真剣な学習だけ」が最も差を生むのです。

しかし、この方法を取り入れるには、大多数の人がしないことをする必要があります。それは、時間の使い方を管理することです。手持ちの時間、時間の使い方、そしてそれを最適化する方法に注目する必要があります。

そして、1日の使い方を分刻みで管理する必要はありません!しかし、時間の使い方を知ることは、時間を使いこなすための第一歩です。

 

大げさに聞こえますか?では、このように考えてみましょう。時間は最も貴重な財産ではないのでしょうか。愛する人を失うことは別にして、時間は人生で絶対不可逆的な唯一のものです。ある意味では、私たちの人生の質は、時間を使って何を行うかを反映すると言えないのでしょうか。

 

「一生懸命働く」と「賢く働く」の定義はご理解いただけたでしょうか?「賢く働く」ことの恩恵を信じることができましたか?下記のコメント欄で皆さんの意見を聞かせてください!

「Business News」クラスで、世界の英語ビジネスニュースのトレンドを学び、これらの話題を楽しくオープンな雰囲気で話し合いましょう。