英語コミュニケーションスキルを即効で伸ばす3つのシンプルなコツ

この記事は英語と日本語で読めるものです。最初は英語で、その下が日本語翻訳。

英語能力に応じて、読む順番をご自由にお決めください。


英語コミュニケーションスキル.jpg

Three Simple Tricks to Instantly Boost your English communication skills!

 

Communication is not just about words: body language, facial expressions, and context also play a big role in helping us convey ideas. However, and especially when communicating across cultures, the clearer your words, the easier you can get your point across. And if you understand the following three things about English grammar, you’ll be able to instantly boost your communication skills in English!

 

1.     English grammar is linear: Word order as your no.1 priority! 

More often than not, a student of mine will say something that sounds confusing, but as soon as I write it on the white board, I realize that all I need to do in order to make the sentence perfectly clear is to reverse the order of two segments in the sentence. 

Compared with Japanese grammar, English grammar is more linear and functions like a series of drawers, or a decision tree. The order of words is decided in advance, which means that for each new information you give, the listener will form expectations on what follows next. If you do not fulfil these expectations, your risk losing the listener mid-sentence! 

Word order is important in English to convey meaning. And the best way to learn English grammar is reading, as it makes you absorb English grammar!

  

2.     American culture is low-contest: What is not said… is NOT said!

We tend to talk about English as one entity, but the truth is there are many types of English! For instance, British and American English have differences in pronunciation, grammar, spelling and vocabulary that are intensified by the cultural differences between the two countries.

In the international sphere, British English remains important because it is what non-native speakers usually learn in school. But American English is the norm for business and international communication, and for unsurprising reasons: one, as a result of America’s cultural and economic clout, and second, because as a multi-cultural and diverse country, America has needed a language that is clear despite differences in culture and native tongue.

 

And so, as far as international communication is concerned, whether we realize it or not, it is American English that is used. And American culture is low-context: it is the speaker’s responsibility to express all his ideas very clearly and to state all of his intentions. As the saying goes, “Say what you mean, and mean what you say”!

For instance, if I am lost in Shinjuku station and want to ask for directions, I can address thestation attendantin Japanese and say, “南口を探しているんですが、” They will immediately understand that I would like them to help me. 

 

If you translate this to English literally, it becomes “It’s that I am looking for the South Exit, but…” which is rather cryptic. With context, your interlocutor will understand what you want, but this wording in confusing because you have only stated that you are looking for an exit, but you haven’t actually stated what you want. English prefers you to express your thought directly and completely. For instance, it’d be much more natural to say, “Excuse me, where is the South Exit?” 

So our second rule of thumb is, in English you must state your intentions as clearly as possible. Everything that is not said is… well, NOT said!

  

3.     English grammar is about precision and concision: Shorter is better!

When you write in English, the rule of thumb is, “If you can say it in fewer words, you should!” If there is a way to convey what you want to say with fewer words, then you should use the shorter version. Shorter is better.

If you read English grammar blogs (and if you don’t, that’s quite alright—not everyone can be an English grammar geek like yours truly!), you will see that for native speakers, an excellent command of the English language resides in the ability to find the precise word that perfectly matches what you want to say. English grammarians profoundly dislike vague language and unnecessary words.

 

For instance, here is a sentence that does not work in English. “I went to see the latest Marvel movie yesterday, and I thought that maybe, couldn’t it kind of be, like, a same type of story than some of the previous movies I have seen, only the story of the main character, I thought it was very interesting.” 

In contrast, the following is very clear. “I went to see the latest Marvel movie yesterday, and while the general plot was trite, the personal story of the main character was captivating.” Note that you don’t even have to state that this is your opinion by saying “I thought”: since you are the one speaking, it is obvious that your words reflect your personal opinion unless otherwise stated!

So our final rule of thumb for communicating in English is, adding words in English usually confuses: shorter if better!

 

Try to keep in mind these three fundamental rules of English communication, and they will immediately make you easier to understand! Especially when talking with people from other cultures, clarity is important as it reduces the risk of misunderstandings.

Do you want to practice expression in English? Why not join our Negotiations, Presentations & Debates or Self-branding sessions? You will work on real-world situations and get individual feedback!


woman-3368239_1280.jpg

英語コミュニケーションスキルを即効で伸ばす3つのシンプルなコツ

 

コミュニケーションとは、言葉だけによるものではありません。ボディランゲージや顔の表情、文脈といった要素もまた、私たちが考えていることを伝えるのに大きな役割を果たしています。しかし、とりわけ異文化間でのコミュニケーションにおいては、より明確な言葉を選ぶことで、より簡単に話の要点を伝えられるのです。英文法について以下の3点を理解しておけば、英語でのコミュニケーションスキルをあっという間に伸ばすことが可能になるでしょう!

  

1.    英文法は線形:語順が第一優先!

受講者の方が発した言葉がどうにも分かりにくい場合でも、私がその発言をホワイトボードに書き出してみるとすぐに気付けることがしばしばあります。その文章を完全明快にするのに必要なのは、文中の2つのセグメントの順序を入れ替えるだけなのです。

日本語の文法と比べて、英語の文法はもっと直線上に伸びたような構造をしていて、まるで引き出しをひとつ開けると中に次の引き出し、その中にはさらに次、次の引き出し…と、どれを引くかによってそれに続く選択肢が用意されているイメージ、あるいは、意思決定の樹状図、決定木(ディシジョン・ツリー)のように機能します。一語一語の並び順は事前に決められており、あなたが新しい情報を持ち出すたびに、聞き手は次に何が語られるか期待を膨らませるのです。続くあなたの発言がその期待に応えていなければ、話の途中で聞き手を失うことは覚悟しておきましょう…!

英語では、語順は意味を伝えるのに重要なポイントとなります。そして英文法を学ぶ最善の方法はとかくリーディングであり、英文を読み込むことで文法の感覚を吸収していけるのです。

 

 

2.    アメリカ文化は文脈軽視:言われていないことはズバリ、「言われていない」!

英語はひとつの実体として語られがちですが、英語には実に多くの種類が存在します!たとえば、イギリス英語とアメリカ英語では、発音や文法、スペルやボキャブラリに違いがみられ、こうした違いは英米2国間の文化的な違いがさらに深めているのです。

国際的な範囲では、イギリス英語がいまだ重視されており、というのも非ネイティブスピーカーが学校で習うのが通常はイギリス英語だからです。しかしアメリカ英語がビジネスや国際コミュニケーションの基準であり、その当然の理由として、一つにはアメリカの文化的・経済的影響力によるもの、そして次には多文化かつ多様性に富む国として、アメリカには人々の文化や母国語が違えど明確に伝わる言語が必要であったこと、が挙げられます。

 

また、国際コミュニケーションに関しては、私たちが実感していようがいまいが事実、使われているのはアメリカ英語です。そしてアメリカ文化は行間を読まない低文脈(低コンテクスト)文化、つまりは、自分の考えをはっきりと表現し意図をもれなく伝えるのは、すべて語り手の責任であるということです。英語のことわざにもあるように、“Say what you mean, and mean what you say”(本当に思っていることだけをはっきり言え、言うことを本気で言え)!

たとえば、私が新宿駅で迷って道を聞きたいとしたら、駅の係員を訪ね、日本語で「南口を探しているんですが、」と尋ねます。駅員は私が助けを求めているとすぐにわかるでしょう。

もしこれを文字どおり、英語に直訳すると、“It’s that I am looking for the South Exit, but…”(私は南口を探しています。しかし…)のようになり、何やら謎めいて聞こえます。文脈を伴うことで、聞かれた側はあなたが何を求めているか察するとは思いますが、この言い方では紛らわしく、なぜならあなたは出口を探しているとだけ伝えており、実際に何を求めているかは言ってないからです。英語では、ダイレクトかつ完全な意思表示が好まれます。たとえば、より自然な表現にするなら、このように言えるでしょう。“Excuse me, where is the South Exit?”(すみません、南口はどこですか?)

本日2つ目の経験則:英語では、意図をできる限り明確に伝えるべし。言われていないことはすべて、そう、「言われていない」!

 

3.    英文法とはすなわち、的確さと簡潔さ:より短いほどベター!

英語で文章を書く時の経験則は、「より少ない語数で言えるなら、そうすべし!」あなたの言いたいことをより少ない単語で伝える方法があれば、短いバージョンを使うべきです。短ければ短いほどよいのです。

英文法のブログを読むと(もし読んだことがなくても、まったく問題ありません。誰もが英文法オタクになれるわけではないのですから、あなたのように!)、ネイティブスピーカーにとっての英語言語力の高い人とは、言いたいことに完璧にマッチする的確な単語を見つけられる能力の持ち主だ、という認識をつかめると思います。文法学者、英語グラマリアンと呼ばれる人たちは、曖昧な言葉や不必要な単語を大いに嫌います。

 

ではここで、英語ではうまく伝わらない一文の例を挙げてみましょう。“I went to see the latest Marvel movie yesterday, and I thought that maybe, couldn’t it kind of be, like, a same type of story than some of the previous movies I have seen, only the story of the main character, I thought it was very interesting.” (昨日、マーベルの最新作を見に行ったのよ。それで思ったんだけど、たぶん、なんとなくね、ストーリー展開はこれまでのマーベル映画と同じようなタイプだなと。ただメインキャラクターの話だけは、すごく面白いと思った。)

対照的に、次の表現はとても明快です。“I went to see the latest Marvel movie yesterday, and while the general plot was trite, the personal story of the main character was captivating.” 注目したいのは、わざわざ“I thought”などと言うことでこれがあなたの意見だ、と示す必要すらないという点です。というのも、話しているのはまさにあなた自身なのですから、特に説明のない限り、あなたの言葉があなたの個人的な意見を反映しているのは明らかです。

本日最後の経験則:英語でのコミュニケーションにおいて、単語を加えると大抵、紛らわしくなる。つまり、短ければ短いほど良し!

 

英語コミュニケーションにおける、この3つの基本ルールを念頭に置いておきましょう。すると、あなたの話をもっと簡単に理解してもらえるようになるはずです!異なる文化圏の人と話す際は特に、明確に伝えることは誤解を生むリスクを低減するのに重要となります。

英語での表現をさらに練習したい!というあなたは、CfICのNegotiations, Presentations & Debates or Self-brandingセッションに参加してみてはいかがでしょう?実生活のシチュエーションで取り組み、個別フィードバックを受けられます!