社員を定着させるための驚くべき戦略

この記事は英語と日本語で読めるものです。最初は英語で、その下が日本語翻訳。

英語能力に応じて、読む順番をご自由にお決めください。


office-2539844_1920.jpg

Here’s a very surprising strategy to retain your employees

 

Employee retention was the topic of our World News session on October 16th, and we learned about a surprising, if not counterintuitive, strategy used by G2 Crowd’s Chief Marketing Officer Ryan Bonnici, as he explained in his inspiring article in Harvard Business Review

Mr. Bonnici encourages his employees to look for jobs outside the company, going as far as helping some negotiate deals with their new employers… Surprised? Here are the unexpected but tangible benefits of his modus operandi. 

  

1.     It improves manager-employee relationships

Most employees who quit their jobs leave because of their manager. Hence the manager-employee relationship is key to employee retention.

Nowadays, younger workers want a job that allows them to grow and develop new skills, but more than attending seminars, this is best ensured by a great relationship with their manager. Millennials expect their manager to be their mentors.

 

By asking about her employees’ goals and being open to discussing employment with another company, a manager shows that she truly cares about her employees’ careers. The emphasis is on learning and trust. And who would want to leave such a manager?

 

2.     If companies knew an employee was looking for other job opportunities, they’d be able to provide the employee with incentives to stay

Often an employee will only mention outside job opportunities once they’ve already received an offer. 

If employees feel free to share their personal frustrations on the job, for instance when they’ve reached a plateau in their learning and are considering looking for outside job offers, they also allow their employer to find solutions for them to stay. And it’s not just about a pay raise: the incentive can be new responsibilities, or a new role or project.

  

3.     When employees leave on good terms, they’re very likely to speak positively about their former employer

Don’t burn your bridges! This improves your company’s reputation and might help you attract new talent.

 

4.     Employees are more likely to return

If their new job does not go well, employees are much more likely to come back, potentially bringing in new expertise to the table.

  

What do you think of Ryan Bonnici’s talent retention strategy? Would you implement this in your own company?

 

Learn more about global management practices in our World News class, every Tuesday from 8pm at the Impact HUB Tokyo!


office-2539844_1920.jpg

社員を定着させるための驚くべき戦略

 

Employee retention(従業員の定着、人材の確保・維持)というのが、去る10月16日のWorld Newsセッションのトピックでした。その中で、G2 Crowd社のチーフ・マーケティング・オフィサー(CMO) ライアン・ボニッチ氏が用いる、常識に反するとまではいわずとも実に驚きの戦略について学びました。この戦略について、彼はハーバード・ビジネス・レビューの圧倒される記事でも説明しています。

 

ボニッチ氏は自分の会社の従業員に、社外で仕事を探すことを奨励します。時には新しい雇用先との交渉を手伝うまでして...驚きませんか?そんな彼の手法の、意外ではあれ目に見える利点を挙げていきましょう。

 

1.    管理職と社員の関係性を向上させる

離職者が会社を辞めた理由はそのほとんどが、上司や管理職、経営者にあります。ゆえに、マネジャーと従業員の関係性というのは、従業員が定着するためのカギとなるのです。

昨今の若手社員は、新しいスキルを身につけ伸ばせるような仕事を求めますが、こうした機会はセミナーに参加すること以上に、上司との良好な人間関係によってもっとも確保されます。ミレニアル世代の彼らは、上司が自分の相談相手になってくれることを期待しているのです。

 

社員の目標に耳を傾け、他社への就業についての話し合いにもオープンであることで、マネジャーは社員のキャリアを心底気にかけている姿勢を示します。すると知識と信頼が強調されるのです。そんなマネジャーのもとを、誰が離れたいと思うでしょうか?

 

2.    社員が転職活動をしていることを会社が知ったら、その社員に自社に残ってもらうようインセンティブを与えうる 

従業員が他社での仕事について口にするとすれば、多くの場合は、すでにそこでの内定が出てからその後のこととなるでしょう。

社員が個人で抱える仕事上のフラストレーションを気兼ねなく共有できるなら、たとえば業務習得のプラトー(伸び悩み、停滞期)に達して成長感がなくなり転職を考え始めているときでも、会社が自分をつなぎ留めるための解決策を見出す余地も与えます。それはなにも昇給だけの話ではなく、インセンティブとして新しい責務、あるいは新たな役割やプロジェクトを任されることもありえるでしょう。

 

3.    円満退職した社員は大抵、前職の会社のことをポジティブに話す 

ここで背水の陣は敷くべからず!これがきっかけであなたの会社の評判が上がり、やがて新たな人材を惹きつけることにつながるかもしれません。

 

4.    社員が戻ってくる可能性が高い

もし新しい仕事がうまくいかなければ、その社員が戻ってくる可能性はさらに高まり、きっと新たに身につけた専門性を発揮してくれることになることでしょう。

 

ライアン・ボニッチ氏の人材定着戦略、あなたはどう考えますか?あなたの会社でも実践してみたいと思いますか?

グローバル経営慣行について、CfICのWorld News セッションでより深く学んでみましょう!毎週火曜夜8時から、Impact HUB Tokyoでお待ちしております!