トニー・ロビンズが唱える人間の6つのコア・ニーズと、より良いビジネス・コミュニケーションへの活かし方

この記事は日本語と英語で読めるものです。最初は英語で、その下が日本語翻訳。

英語能力に応じて、読む順番をご自由にお決めください。


dream-840219_1920.jpg

Tony Robbins’s 6 core human needs, 

and how to use them for better business communication

 

Tony Robbins is an American life coach, entrepreneur and philanthropist who has dedicated his career to empowering others to lead a more successful and fulfilling life. One of his most famous ideas is the premise that there are six universal human needsshared by all of humankind. In this post, we’ll quickly review Tony Robbins’s six core human needsand see how they can inspire you to talk more truthfully and convincingly about your own business!

 

First human need: Certainty

Certainty is linked to safety, comfort and control. At the most basic level, it is knowing that you’ll have food when you’re hungry and can go for a walk without fearing for your safety. More broadly, it is the idea that your actions have predictable consequences. “If I do this, that is very likely to happen.”

 

Second human need: Variety

But at the same time, too much comfort leads to boredom. Variety is related to discovery, choice and curiosity. It is the thrill of new experiences. It is what keeps your mind alert.

 

Third human need: Significance

Significance is believing in your own uniqueness, importance, value or power. How you achieve this feeling can take many shapes: from making money to having an impact onto society, to holding certain values. It is feeling like you matter.

 

Fourth human need: Connection

We humans are social animals. We exist as a group: we help each other, compare ourselves to others, seek companionship. Connection is friendship and love; and in a broader sense, it is feeling connected to everything that is—through prayer, meditation, or nature. It is the sense that we are part of a whole and not alone. 

 

Fifth human need: Growth

Like Albert Einstein said, “Life is like riding a bicycle: to keep your balance, you must keep moving.” A mind that doesn’t grow is a mind that shrinks. Our brains need constant stimulation to maintain our neural connections.

 

Sixth human need: Contribution

Contribution is seeing and appreciating the value you create as a human being. You will be forgotten, but your contribution will be remembered. Contribution is giving, making an impact, ever so slightly contributing to making the world a better place.

 

Your business: which needs are you fulfilling?

Think of your business in terms of these six needs: how will your client feel after using your service or product? How do they use it, and why? Once you understand the fundamental reasons for which your customers purchase your services, you can incorporate this into your business communication or develop new additions to your service that cater to this need!

 

Do you want to improve your business communication skills? Our Sales Pitch and Self-Branding classes might be just the push you need to develop your English sales skills! 


dream-840219_1920.jpg

トニー・ロビンズが唱える人間の6つのコア・ニーズと、より良いビジネス・コミュニケーションへの活かし方

 

 トニー・ロビンズ(アンソニー・ロビンズ)は、アメリカのライフコーチ、起業家、慈善家であり、人々がより成功に満ちた人生を送れるよう支援することに全力を尽くしています。彼のアイデアの中でももっとも有名なもののひとつが、人類誰もが共通して持つ6つの普遍的なニーズが存在するという前提です。今回のブログでは、そのトニー・ロビンズが唱える人間の6つのコア・ニーズの概要に触れ、あなたが自身のビジネスについてより誠実で説得力のある伝え方ができるよう、このアイデアがいかに影響を与えるかをみていきましょう!

 

第一のニーズ:確実性

確実性は、安全性、快適さ、支配力につながっています。もっとも基本的なレベルでは、お腹が空いたら何か食べるものがあり、身の危険を案じることなく散歩に出られる、とわかっていることです。より広くいうと、あなたの行動から導かれる結果は予測可能だという発想です。「もしこれをすれば、きっとこうなる」

 

第二のニーズ:変化

しかし、あまりにも快適過ぎてはいずれ退屈になるでしょう。変化に富むことは、発見や選択、好奇心に関わってきます。新しい体験へのスリルであり、あなたを常に油断させないようにするものです。

 

第三のニーズ:重要性

重要性とは、あなた自身のユニークさや重要性、価値や力を信じることです。この感覚をつかむには、実に多くの形があります。社会に影響を与えるようお金を稼ぐことで達する人もいれば、ある特定の価値を持つことで見いだせる人もいるでしょう。つまり、あなたが気にかけていること、その感覚です。

 

第四のニーズ:つながり

私たち人間は、社会的動物です。集団として存在し、お互いに助け合ったり、自分自身を他人と比べたり、仲間を探し求めたりします。つながりとは友情や愛情であり、広い意味では、祈祷や瞑想、自然界を通じてすべてのものにつながっているという感情です。自分は全体における一部であり、独りぼっちではないという感覚です。

 

第五のニーズ:成長

かのアルバート・アインシュタインが言ったように、「人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには走り続けなければならない。」成長しない頭はすなわち、縮小していきます。私たちの脳は、神経系のつながりを維持するために絶えず一定の刺激が必要なのです。

 

第六のニーズ:貢献

貢献とは、あなたが人間として生み出した価値を認め理解することです。あなた自身の存在はいずれ忘れられてしまったとしても、あなたの貢献したことは記憶に留められるでしょう。貢献とは与えることであり、どんなに些細なことでも、世界をより良くしようと尽くし、影響をもたらすことです。

 

あなたのビジネスは、どのニーズを満たしていますか?

では、これら6つのニーズの観点から、あなたのビジネスを考えてみてください。あなたの提供するサービスや商品を利用した後、顧客はどのように感じるでしょうか?どのように利用するか、そしてそれはなぜか?顧客があなたのサービスを購入する根本的な理由がわかれば、それを汲んであなたのビジネスコミュニケーションに生かすことができ、あるいはあなたのサービスがニーズを満たせるよう、新たに手を加えていくことができます。

 

ビジネスコミュニケーションスキルを伸ばしたいですか?英語でのセールススキルを磨くには、CfICのSales Pitch あるいは、Self-Brandingクラスがおすすめです!