グローバル化した世界における感情的知性:「文化的気づかい」とは何か?

この記事は日本語と英語で読めるものです。最初は英文で、その下が日本語翻訳。

英語能力に応じて、読む順番をご自由にお決め下さい。


globalized world.jpg

Emotional Intelligence in a Globalized World: What is "Cultural Awareness"?

 

Cultural awareness is a specific type of emotional intelligence

The phrase "emotional intelligence" has become a buzzword in today's business culture. 

In a globalized world, where team members and business partners can belong to any country or culture, a special type of emotional intelligence is needed: cultural awareness.

Cultural awareness for a foreigner coming to Japan to do business is, for instance, understanding the importance of carrying business cards, and knowing how to exchange them properly. Cultural awareness for a Japanese going to the United States to do business is, for instance, knowing how to respond to handshake.

But cultural awareness also intervenes at a subtler level.

Our cultures have engrained in us expectations about others’ behavior.

For instance, cultures relate differently to apologies, timeliness, or hierarchy. When we are immersed in a different culture and people from this culture behave in a way that betrays our expectations, we can have a hard time deciphering the situation. Sometimes our hot-blooded gut reaction is to feel outraged or to disparage the other for their behavior.

 

Understanding and accepting our differences

Cultural awareness is important in a globalized world. It is simply the understanding that values and norms of behavior vary across cultures, and that special effort is required to communicate effectively.

Cultural awareness is important in a globalized world. It is simply the understanding that values and norms of behavior vary across cultures, and that special effort is required to communicate effectively.

In their research paper “What is cultural awareness, anyway? How do I build it?” Stephanie Quappe and Giovanna Cantatore define four stages of cultural competency. (Read the full paper here)

Stage 1: “My way is the only way”

People are unaware of cultural differences and position their values and norms as the only ones existing.

Stage 2: “I know their way, but my way is better”

People are aware of cultural differences but believe in the superiority of their values and norms over others’.

Stage 3: “My way and their way”

People are aware of cultural differences and able to adapt their behavior to other cultures. They realize that cultural diversity brings about both benefits and challenges.

Stage 4: “Our way”

People strive to create new shared meaning with others from another culture. Through dialogue, they are able to create new rules to fit the needs of a specific situation.

 

Cultural awareness is key for global managers

Global managers should ideally use the wisdom of Stage 4 to create synergy in the teams they manage. But it is not easy; taking a levelheaded approach to solving problems that arise within an international team takes practice and thought.

What stage of cultural awareness do you believe you are in?

Can you see the benefits of moving upward to a higher stage? 

 

Read Stephanie Quappe and Giovanna Cantatore's full paper here. 


グローバル化した世界.jpg

グローバル化した世界における感情的知性:「文化的気づかい」とは何か?

 

文化的気づかいとは感情的知性のタイプのひとつです。

「感情的知性」という言葉は、今日のビジネス文化において流行語となっています。

グローバル化された世界では、チームメンバーやビジネスパートナーはさまざまな国や文化に属しうるので、特別の感情的知性が必要です。それは、文化的気づかいです。

日本にビジネスで来る外国人の文化的気づかいは、例えば、名刺を持ち歩くことの重要性を理解し、それらの正しい交換の仕方を知ることです。合衆国にビジネスで訪れる日本人の文化的気づかいは、例えば、握手という習慣への対応の仕方を知ることです。

でも文化的気づかいはもっと微妙なレベルでも介入してきます。

私たちの文化は、他人の振る舞いについての私たちの期待というものを意識の中に染み込ませているのです。

たとえば、文化は、謝罪したり、時間に間に合ったり、他人との上下関係ということについて違いが出てきます。私たちがある異なる文化の中で暮らしていて、その文化の人々が私たちの期待を裏切るような行動に出たときなど、私たちはその状況を解読するのに苦労することがあります。時には私たちの心からの反応は、怒りであったりその人たちの立ち居振る舞いを非難することだったりします。

違いを理解して受け入れること

文化的気づかいは、グローバル化した世界では重要です。 それは単に、行動の価値観や規範は文化によって異なるということを努めて理解することなのですが、その特別な努力が効果的にコミュニケートするためには必要なのです。

文化的気づかいは、グローバル化した世界では重要です。 それは単に、行動の価値観や規範は文化によって異なるということを努めて理解することなのですが、その特別な努力が効果的にコミュニケートするためには必要なのです。

ステファン・クワッペとジョバンニ・カンタトーレは、彼らの研究論文 "文化的気づかいって何だろう? どのように手に入れるのか?」の中で、文化的能力の4つの段階を定義しています。 (全文を読む)

ステージ1:「私の方法は唯一の方法」

人々は文化の違いにうとく、自分達の価値観と規範を唯一のものとして位置付けます。

ステージ2:「彼らのやり方は分かるが、私のやり方のほうが良い」

人々は文化的な違いを認識していますが、自分達の価値観や規範の優位性を信じています。

ステージ3:「私のやり方と彼らのやり方」

人々は文化の違いを認識し、自分達のやり方を他の文化に適応させることができます。 彼らは、文化的多様性は自分達にとって利益と挑戦の両方をもたらすことに気づきます。

ステージ4:「私たちのやり方」

人々は、他の文化からの人たちと新しい共通の意味を創造しようと努力します。対話というものを通じて、彼らは特定の状況のニーズに合わせて新しいルールを作成することができます。

 

文化的気づかいはグローバルマネージャーにとって成功のカギ

グローバルマネージャーはなるべくステージ4の知恵を使って、自分が管理するチームに相乗効果を生み出す必要があります。 しかし、それは簡単ではありません。 国際的なチーム内で発生する問題を解決するための正しい判断をして行くことは、実践と思考を必要とします。

 

あなたはどの文化的気づかいの段階にいると思いますか?

より高いステージに上がっていくことのメリットが見えますか?