top of page
  • 執筆者の写真miho405

現在の技術では、もう新しい言語を学ぶ必要はないのですか?

更新日:2023年7月13日

翻訳技術は、私たちの生活をより快適にしてくれますが、外国語学習は時代遅れになりつつあるのか



英語などの言語を学ぶ必要はない

この記事は、コーチ個人の見解に基づくものであり、CfICの公式見解ではありません。


現在の技術では、もう新しい言語を学ぶ必要はないように思われるかもしれません。ですが、本当にそうですか?


外国語を話すことは、私の人生で最も大切なことの一つです(ま、だからこそ仕事にしていますね!)。もし英語が話せなかったら、今の私の人生がどうなっていたかはわかりませんが、満足度はかなり低くなっていただろうと断言できると思います。そこには2つの理由があります。1つ目は、英語とは関係なく、もし中国語が国際語だったとしても、私は中国語も学んでいたでしょうし、役に立っていたはずです。もう1つは、より個人的なもので、英語の精神が私の性格に合っていると思うからです。いずれにせよ、どんな第二言語でも学ぶこと自体が素晴らしいと主張したいです。


大学でのグローバルビジネスの授業では、まず生徒と「第二言語の流暢さを身につけるとはどういうことか」を話し合いますが、その際、バイリンガリズムに関する最近の研究成果をまとめた2014年の素晴らしい記事を参照します。



言語を学ぶ必要はないことはない


生徒たちが驚くのは、第二言語を流暢に話せるようになると、第一言語の使い方(単語の選択や文法構造など)が実際に変わってしまうということです。それは、私たちの脳が言語を別々のフォルダーに保存していないためです。私たちが話すすべての言語は、私たちの認知に情報を与えるために、常に活動状態になっています。私たちの脳は、話す言語間の衝突に対処するために、制御機能を発達させているのです。それは、高齢になったときに認知症からバイリンガルを守ることもあります。


言語には同じ意味・感情領域はありません。ですから、新しい言語を学ぶということは、事実上、世界の新しい見方を学ぶということなのです。私は生徒たちに「それは3Dメガネのようなものだ」と伝えています。3Dで見ることができるのは、それぞれの目が受け取る情報が異なるからです。2つの言語を話すということは、同時に2つのレンズを通して世界を見るということです。その結果、イメージはより深みを増します。


英語である必要はないのです。私は、生徒たち、あるいは誰にでも、もっと多くの言語を学ぶことをオススメします!翻訳技術は、私たちの生活をより快適にしてくれます。しかし、人間への理解を深めることを目的とするならば、やはり新しい言語を習得することが一番ではないかと思っています!


閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page