top of page
  • 執筆者の写真miho405

目黒での英語ライフを始めましょう!

更新日:2023年8月30日

7月30日(日)午前10時より「全レベル対応ビジュアル英文法 文型と前置詞」ワークショップを開始!

江黒での英語ワークショップ全レベル対応ビジュアル英文法

英文法の基礎を復習したい方、英文法の使い方を上達させたい方向け。ビジュアル英文法は、英語の文型と前置詞を空間的に表現し、英語構文の基本をより直感的に理解するためのCfIC独自のワークショップです。


ビジュアル英文法:ワークショップ構成


このワークショップでは、CfICコーチによる3つのエクササイズを通して、チームで英文法を探求します。ワークショップの目標は、①英語の文構造、②英語の前置詞を視覚的に表現することで、英語の構文を直感的に理解する力を養うことです。


このワークショップは、2020年にZhao教授らによって発表された、第二言語として英語を学習している中国人のネイティブスピーカーが、口頭ではなく図式化されたフィードバックを受けた場合に、前置詞の使い方が有意に向上することを実証した、画期的な研究結果を参考にしています。これらの成長は、特に中級以下の学習者において顕著でした。


目黒での英語ワークショップ詳細


日時

7月30日(日)午前9時45分~11時30分

午前9時45分から午前10時までの間にお越しください。午前10時よりワークショップを開始します。持ち物や準備は必要ありません。事前に睡眠をとっておいてください。


場所

目黒CfIC

Impact HUB Tokyo内

〒153-0063 東京都目黒区目黒2-11-3


チケット

非会員1,000円

CfIC会員は無料

以下のリンクからPeatixで予約可能

目黒での英語ライフを始めましょう:https://visual-english-grammar.peatix.com/


バックグラウンド:文法と脳


言語の生成には、脳内の広大で複雑な神経細胞ネットワークが必要であり、神経科学者たちは現在、文法の計算と脳内の空間表現との関連性を明らかにしています。


科学者たちは、海馬が私たちの認知地図の中枢であると考えています。例えば、ロンドンのタクシー運転手が街をナビゲートする新しいルートを学ぶと、右の海馬が大きくなることがわかりました。同様に、第二言語を学ぶと、左海馬の灰白質が拡大します


ブローカ野は、音声を発する前や、文法規則が正しいかどうかを評価・確認するために言語を評価しているときに活性化することが示されています。


しかし、動詞の用法と前置詞の用法は、異なるニューロンネットワークを通じて計算されるという証明されています。物体間の空間的関係を理解する後部頭頂皮質は、英語における前置詞の使用を仲介しているようです。このことは、脳には英文法を作り出す2つのサブネットワークが存在することを示唆しています。


閲覧数:14回0件のコメント

Comments


bottom of page