top of page

英語での面接を成功させる方法

更新日:8月9日

欧米企業の技術系以外の面接で好印象を与えるためのベスト4をご紹介します!

英語での面接でも簡単に成功させる

欧米企業での面接が決まったんですね?おめでとうございます!もし、面接の機会を得られたとしたら、それは、あなたの履歴書や第三者から聞いた話から、興味を持った部分があったからで、あなたが理想の社員になることを期待しているのでしょう。


このポジティブな観察を念頭に置いて、面接を成功させるための4つのベストヒントを紹介します



英語での面接を成功させるヒント1:正しいマインドセットで臨む


相手があなたを試しているのと同じように、あなたも相手を試しているのです


技術職でない面接の目的は、あなたがその会社に適しているかどうかをはっきりさせることです。人事や部署のマネージャーは、以下のようなことを明らかにしようとしています:

  • この人は当社のビジネスと業界を理解しているか?

  • この人は当社の社風に合うだろうか?当社の職場環境で成長し、貢献できるだろうか?この人のコアバリューは何なのか?

  • この人となら出張に行ってもいいかなと思うか?

  • この人はフィードバックを受け入れ、成長志向が強いか?


要約すると、ある社員が良いとか悪いとかいうことではほとんどなく、ある環境の中で、ぴったり合うこともあれば、合わないこともあるのです。素晴らしい採用判断は、双方がお互いにふさわしいと結論づけたときに起こりますが、この結果は、候補者が面接でが正直で誠実であった場合にのみ有効です


求職者としては、特にキャリアの初期には、自分には限られたスキルしかないように感じがちです。しかし、キャリアを重ね、スキルを身につけるにつれ、面接の過程で、会社があなたを選んでいるのと同じくらい、本当はあなたが会社を選んでいるのだと思えるようになり、次第に自信を持てるようになります。


ですから、面接に臨む前に、次のことを思い出してください。

  1. あなたは会社と対等な立場にあります。あなたが会社の環境の中でうまく働くことができれば、そこでの仕事はあなたにとって有意義なものとなり、会社にとっては大きな投資となります。自分が不愉快になることや、見切りをつけるタイミングを把握しておくことが大切です。

  2. あなたは自分のキャリアを積極的に切り開く必要があります。その会社の価値観、コミュニケーションルール、マネジメントスタイルなどを知るために、質問する必要があります。

  3. 会社にとって完璧な候補者であるように見せようとするのは意味がありません。もちろん、良い印象を与えられるように、言葉を選び、丁寧に表現することは必要です。しかし、あなたにとって基本的なことについては、嘘をつかないほうがよいでしょう。例えば、希望していないのに週末に働いてもかまわないというのは、あなたと雇用者の双方にとって、悲惨な未来への扉を開くことになります。

  4. さまざまな文化を持つ会社がたくさんあります。あなたが良心的で献身的に働き、常に自分のスキルを磨いている限り、どの企業もあなたを従業員として迎えることができるのは幸運なことだと思います。ですから、次のキャリアを探すために、できるだけ多くの人や会社と話をすることをお勧めします。できるだけ多くのドアを開けて、どのドアをくぐるか決めてください。



英語での面接を成功させるヒント2:2分程度の自己紹介を用意する


面接の一番最初に聞かれるであろう定番の質問は「Tell me a bit about yourself (簡単な自己紹介を行ってください)」です。これは面接官からすると、完全に候補者に委ねた質問なので、候補者が面接の準備をしてきたか、ビジネスを理解しているか、自覚と意欲があるかを見る有効な手段であり、素晴らしい質問です。


それに対し、候補者の立場からすると、非常に答えにくい質問です。基本的には2分間で、主な関連資格、会社への志望理由、短期的なキャリア目標などをまとめる必要があります


面接の前に、時間をかけて回答を用意しておきましょう。この質問をされなかったとしても、面接の前に、時間をかけて回答を用意しておきましょう。この質問をされなかったとしても、2分間のスピーチを作ることで自分自身への理解を深め、その仕事の志望動機を明確にできるため、この自信が面接のプロセスであなたをより良い候補者にするでしょう。



英語での面接を成功させるヒント3:自分にではなく、会社にスポットライトを当てましょう。


採用担当者の気を悪くさせる確実な方法のひとつは、自分の希望や要求に限定して回答することです。会社から見れば、あなたは投資対象です。つまり、中長期的に会社の成長や売り上げアップにつながることを期待して、あなたにお金を使うのです。


ですから、会社での仕事のイメージを聞かれたら、自分の判断や行動が会社にどのような利益をもたらすか、常に大局的な視点で描くことを心がけましょう


つまり、「私はこれを知っているから、これができる、だからこれをする 」という流れではなく、「会社の目標はこれだから、これをする必要がある、だから私はこれをすることで貢献できるだろう 」という流れで答えてください。会話のスポットライトは、ビジネスが何を必要としているのか、そしてそれをどうサポートできるのかに焦点を当てましょう。



英語での面接を成功させるヒント4:面接官へ好印象を与える質問を用意する


面接の最後に「それでは何か質問はありますか?」と聞かれますが、ネガティブに答えるのは自分の印象を悪くするようなものです。面接官からは「業務に興味がない」「意識が低い」と見られてしまうでしょう


新しい仕事を始めるということは、大きな冒険です。 同僚や会社の文化、目標達成のための主な課題など、あなたが発見すべきことは無限にあります。そのため、面接の前に会社について十分に調べ、自分の役割について考えていなければ、面接はうまくいきません。


企業や業界に関するあらゆる情報を入手し、事業内容や自分の役割に関する質問を用意しておきましょう。もちろん、入社前は完璧にそれらのことを理解する方法がないため、全ての情報を手に入れることは難しいですが、事前準備によって、質問を通して基本的なビジネス知識と学習意欲を示すことができます。


最後に、自分の希望(例えば、仕事の柔軟性やキャリアアップなど)に関する質問をすることは問題ありませんし、面接官も肯定的に受け止めてくれるかもしれません。(デリケートな問題に対して明確かつ丁寧にコミュニケーションする能力を示すためです)しかし、自分勝手な社員と思われないためにも、こうした質問ばかりをするべきではありません



要するに、面接を会社について、業界について、コミュニケーションについて、そして自分自身について学ぶ機会としてとらえるのがよいでしょう。そうすれば、面接の準備に費やす時間は、結果がどうであれ、有意義なものになるはずです。私たちのアドバイスを参考に、頑張ってください!


閲覧数:7回0件のコメント
bottom of page