top of page
  • 執筆者の写真Lina

英語へ直接翻訳すると、一番誤解を招く危険な言葉

更新日:2023年8月9日

英日辞典から学べない言葉のニュアンスを一つ紹介していきましょう

異文化によって危険な誤解を招く言葉

言語によって、人間は言葉の概念を網の目のようにつなぎ合わせ、複雑な意味を伝え合うことができます。それぞれの言語に内在する語概念は、その語概念が生まれた文化や、そこで奨励されてきた注意のパターンを反映しています。その結果、言葉の概念は文脈の中でしか理解することができません


そのため、他言語を理解するために対訳辞書に頼るだけでは、その言葉の意味する感情や文脈のニュアンスが失われ、危険な誤解を招くことがあります


今回のブログでは、日本語から英語への翻訳で最も厄介な言葉であろう言葉について、コンセプトを生み出した文化的背景があまりにも異なることを説明しながら、探ってみたいと思います。まず、ちょっとしたエピソードから始めましょう。


CfICイベントの際に起こってしまった誤解

数ヶ月前、CfICでメンバー限定のイベントを開催し、ゲストスピーカーに自分のプロフェッショナルとしての歩みを語ってもらいました。そのスピーカーは、日本で起業して成功した外国人でした。IT業界で働く彼は、日本では有能なバイリンガルのプログラマーが不足していることを指摘しました。そのため、彼の会社では、海外から積極的に人材を採用しているとのことでした。また、CfICのメンバーから外国人労働者を採用すると、国内の労働者にどのような影響があるのか」という質問もありました。

この質問は決してその方針に否定的なものではなく、日本国内で多文化な労働力を確保することのメリットとデメリットの両面から検討したいとの思いからでした。しかし、その質問の中で「foreigner」という言葉を使ってしまったのです。CfICのコーチはこの言葉を聞いた瞬間、頭の中で「キーン」という音がしました(黒板を爪で擦るような音です)。


案の定、外国人ゲストスピーカーは、その質問に対してかなり​​身構えた反応な反応を示しました。「foreigner」という言葉を聞いた直感的な防衛本能から、彼らの答えは多様な文化が入り混じった職場のポジティブな点ばかりを強調し、このテーマについてニュアンスが含まれた、偏見のない議論をする機会を失ってしまったのです。


「foreigner」と「外国人」が対訳ではないことを、メンバーは知ることができなかったのです。日本語では「外国人」やその短縮形である「外人」はごく普通に使われますが、英語の会話で「foreigner」という訳語を耳にすることはほとんどないでしょう。


英語では「foreigner」という言葉を使うのは、極右のナショナリストだけで、彼らは外国人に対する恐怖心をあおるのが好きです。そのため「foreigner」という言葉を口にすると、自動的に過激な政治的見解を持つ人物と思われ、多くの人から否定的に評価されることになります。そのため、この質問には否定的なニュアンスが含まれていると、ゲストスピーカーは反射的に解釈してしまったのです。



しかし、歴史上見れば、この言葉の使い方の違いは、とても理にかなっているのです。

日本は島国であり、歴史上、外国からの影響を受けにくい国でした。日本では、人の外見を見れば、日本人か外国人かは99%見分けがつく環境にあったのです。「外国人」という言葉には、必ずしも憎しみが込められているわけではなく、日本文化が比較的、あるいは選択的に外国の影響を受けずにきたことを客観的に示しているのです。

ヨーロッパを例にとるとよいでしょう。ヨーロッパは小さな国土に多くの国があり、中世には4年のうち1年は戦争をしていました。エジプトからギリシャまで、地中海周辺に栄えた古代文明は、すでに交易を行い、日常的に外国の文化に触れていました。また、植民地帝国の崩壊に伴う移民政策の結果、ヨーロッパ人の外見は多種多様になり、例えば見た目だけでフランス人かどうかを推測することは全く不可能になりました。フランス人は何にでも似ています!


要するに、地中海沿岸地域とヨーロッパは、常に文化が混在しているのです。その意味で、誰もが外国人なのです。家族はこの地域のあらゆるところにルーツを持ち、国ごとに分かれていることが多いです。そのため、誰かが「foreigner」という言葉を使おうと思ったとき、その人は嫌いな人との間に意図的に心理的距離を作ろうとしている可能性が高く、その意図はネガティブなものだと推測できます。

また、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドは、いずれも旧植民地であり、英語は母国語です。これらの国の文化的背景からすると、「外国人」という言葉はさらに意味を成しません。なぜなら、ほとんどの家族は、自分たちの先祖がいつ、何のためにこれらの領土に移り住んだかを、今でも心に留めているためです。


そのため、日本語の「外国人」と英語の「foreigner」は、まったく異なるニュアンスを持ちます。英語で話し合うことが多い国際社会では、「foreigner」という言葉を使うことは、それなりにリスクが伴います。



一番誤解を招く英単語、又、その使い方


国内に外国人労働者を受け入れることが、日本に影響を与えることは明白であり、私たちは偏見を持たず、建設的な方法で、このテーマを探求することができるはずです。民主主義国家ならば、様々な分野のトピックについて、冷静にオープンマインドで議論することが必要です。


しかし、「foreigner」という言葉にはネガティブなイメージがあるため、英語でそれをディスカッションするのは非常に難しいです。それでは、どうすればいいのでしょうか。ここでは、この文化の壁を埋めるのに役立つ2つのヒントを紹介します



① よりポジティブな言葉、より正確な言葉を使う。

「foreigner」という名詞の代わりに、「foreign」という形容詞を使うと、外国人であることが、その人が誰であるかではなく、その人の属性として捉えられるため、聞き手に警戒心を抱かせることが少なくなります。例えば、「hire foreigners (外国人を雇う) 」と言うより、「hire foreign workers (外国人労働者を雇う) 」と言う方が好ましいです。

しかし、実際には、外国人に関するこれらの議論はすべて、まさに文化の多様性に関するものなのです。ですから、スピーチの意味に合う場合は、「multicultural(多文化)」や 「diverse(多様性)」といった言葉を使うことをお勧めします。例えば、「外国人労働者 VS 日本人労働者」というイメージを伝えるのではなく「multicultural workforce」や 「diverse workers」 と話すとよいでしょう。この言葉は統一感と、両者がいかに歩み寄り、一体となって働いているかに焦点を当てるという考え方を強調します

一般的な考え方は、正確な意味を持ち、一体感を強調する言葉を使うようにすることです。私たちが伝えたいのは、「政治的に正しくあるべき」とか、「あることを『倫理的に間違っている』から言ってはいけない」ということではありません。CfICでは、道徳的な判断を下すことを拒否し、ただ理解することを追求しています。

このアドバイスの理由は、非常に現実的なものです。なぜなら、英語の 「foreigner 」はトリガーとなる言葉なので、これを使うと聞き手は反射的に防御的な反応を示し、コミュニケーションがその場で終了してしまうからです。ですから、ディスカッションを目的とするのであれば、回避策を考え、自分の考えをどのように表現するかに特に尽力する必要があります。


例えば、二項対立は単に 「日本人 vs 外国人」 というよりも、もっとうまく表現できる場合があります。「外国人が日本の接客を学ぶにはどうしたらいいか」という問いを考えてみると、意味を成しているように聞こえるものの、もっと掘り下げて正確に言い換えることができるのです。


日本で育ち、日本語を話す外国人は、日本の接客をごく自然に実践できるかもしれません。一方、日本語を学んだが日本に住んだことのない外国人は、敬語を使うのが難しく、日本人のお客さまに何を話せばいいのかわからないと感じるかもしれません。


つまり、この違いは国籍や言語の問題ではなく、社会的な期待値の問題なのです。そこで、私たちは次のように自問自答する必要があります。「日本のカスタマーサービスには、他の国の認知パターンに反するような、認知的にユニークな点があるのだろうか?」そして、これを判断するために、日本の文化を、顧客サービスに対するアプローチが大きく異なる文化と対比させることができます。例えば、 フランスの文化です。


フランスの文化では、顧客とスタッフの関係は対等であり、建前はありません。つまり、お客さまもスタッフに丁寧に接する努力をすることが求められているのです。もし、スタッフがそのお客さまを無礼だと感じたら、そのお客さまに礼儀正しくする義務はないと考えるので、好意的でない態度をとられるかもしれません。そのため、フランスでは、高級なサービスを受けられるほど裕福な人でない限り、接客は標準化されていません。

したがって「外国人が日本のカスタマーサービスを学ぶにはどうしたらいいか?」というよりも「スタッフがどう振る舞うべきかという期待値がない文化から来た人に、日本の顧客とスタッフの関係を理解できるように説明するにはどうしたらいいか?」という方がいいかもしれません。


この問いに対する素晴らしい答えを見つけることができれば、外国人スタッフを満足にトレーニングすることができ、日本人スタッフの自国文化に対する理解も深まるでしょう。私たちが「より正確な言葉を使うように」とアドバイスしているのは、このような意味なのです。言い換えると、質問が正確になるほど、回答も明確になります。



② 自分の意図を明確にすることから始める

これは異文化間コミュニケーションのアドバイスの中で最も基本的であり触れたものですが、それなりの理由があります!

異文化間コミュニケーションにおける最大の難点は、私たちの発言に対して相手がどのように感情的に反応するかを知ることができないことです。なぜなら、私たちは自分の文化しか知らないからです(他の文化に滞在したり、他の言語を学んだりしたことがなければ、ですが!)

ですから、異文化間コミュニケーションでは、できるだけ頻繁に自分の意図を明示するのがよいのです。自分の言いたいことの前に短く自分の意図を説明することで、聞き手の期待を持たせるようにするとよいでしょう。外国人と英語で外国人についての議論をする場合、このアドバイスが人間関係を救うことになるかもしれません。

以下は、そのような会話例です。

  • Now, I’d like to ask for your thoughts on a delicate matter, so let me try and find the best way to phrase my question.(さて、デリケートな問題について、あなたの考えをお聞きしたいのですが、どのような表現が適切か、考えてみましょう。)

  • Don't read anything positive or negative into the following question; I genuinely want to hear what you think.(この質問には、肯定でも否定でもなく、純粋にあなたの考えを聞きたいと思っています。)

  • There’s a question I’d really like to pick your brain on, if you don’t mind me asking.(もしよければ、あなたの意見をお伺いしたいです。)

  • I’d like to ask you a question out of curiosity. Please don’t read any ulterior motive. I’m interested in what you think.(私はあなたがどう考えているのかに純粋に興味があり、他意はありません。)

  • Don’t feel like you have to answer the following question; I’m asking in case you’re willing to share your thoughts.(次の質問に答えなければならないと思う必要はありません。あなたの考えを共有していただくために聞いています。)

  • Let me ask you a tricky question. I think it’s important we discuss this so we can build a common understanding.(少し難しい質問をさせてください。共通の認識を持つために、話し合うことが大切だと思います。)

  • I kinda want to know what you think about this. Really, I don’t mean this in a positive or negative way.(あなたがこのことについてどう考えているのか知りたいです。本当に、これは肯定的な意味でも否定的な意味でもないのですが。)


ゲストスピーカーのイベントでの質問に戻りますが、②で見たように、まずは自分の意図を説明することから始めることができます。そして、次のようなことを尋ねればよいでしょう。

  • As a result of the labor shortage, IT companies are actively recruiting foreign programmers. How can we ensure that this growing multicultural workforce works for everybody involved, be it foreign workers coming to Japan, Japanese programmers who speak English and work in international teams, and Japanese workers who do not speak English and might feel disadvantaged in the current market? (人手不足を背景に、IT企業は外国人プログラマーを積極的に採用しています。日本に来る外国人労働者、英語を話し国際的なチームで働く日本人プログラマー、そして英語を話せず現在の市場で不利に感じるかもしれない日本人労働者など、関係するすべての人にとって、この増加する多文化労働力が機能するようにするには、どうすればよいでしょうか。)

  • How would you answer a Japanese worker who doesn’t speak English and asks you if they should be worried about IT companies turning to overseas workers to fill positions?(英語ができない日本人労働者が、「IT企業がポジションを埋めるために海外労働者に目を向けることを心配する必要がありますか」と尋ねたら、あなたはどう答えますか?)

  • In your view, what are the opportunities and challenges of growing a multicultural workforce in Japan in the way it is now being done?(あなたの見解では、現在行われている方法で日本で多文化な労働力を育てることの機会と課題は何ですか?)

閲覧数:37回0件のコメント

Comments


bottom of page